荒尾駅前〜市内で沈黙の迷宮。ヒロシさんの青春時代に思いなんか馳せてみる街歩き【熊本県:荒尾市】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本に上陸、ヒロシさんの故郷、荒尾の駅前をぶらつきます。

乗っていないけど鹿児島本線。

荒尾駅舎内から外へ。

荒尾駅正面。

荒尾駅からの眺め。

ほんとはマイカーで歩きます。

駅前交差点。

荒尾市内はこの路線バスが走っているのかな。

荒尾駅前の景色。

駅前喫茶店。

ちょっと惹かれる。

ご当地銀行熊本銀行。

駅前の通り沿いに、渋い喫茶店に遭遇。

キャンプで飲むコーヒー豆も探していたのですが、ここは豆も売っている喫茶店。

「おいしい珈琲の店なかやま」

レトロな食品サンプルいい感じ^^

カレーにハンバーグにピラフ…食事も美味しそう。

外でコーヒー豆を売っている? ^^?

渋い!めちゃくちゃ渋い外観!

外に秤…不思議な光景(^^

ここに決めます!!!

私のキャンプ用ランタンにそっくりな趣き照明器具。

コーヒーは、飲みものによってサイフォンとドリップを使い分けて煎れてました。

エチオピア・モカと卵サンドを注文。

コーヒーは酸味も苦味もまろやかで花のような香りのコーヒー。

とっても美味しかったです。

サンドイッチのパンは、オーダーを受けてから手切りスライスというこだわりよう。

しっとりパンに、ケチャップ味とマヨネーズ味の卵やきの卵サンド。

とっても美味しかったです(^^)♡

お土産に、お店の名前を冠した”なかやまブレンド”を購入。

阿蘇キャンプで淹れたり、家に帰ってもしばらく荒尾の空気を楽しめました。

喫茶店を後にし、荒尾駅前から、荒尾市内中心部へと進みます。

やたら目を引くLED電飾フェイスの鹿児島本線車両に度肝を抜かれました。

荒尾駅から市内への道。

TVで見て気になっていた、外国人が修行していた荒尾のパン屋さん、ふくやまさん。

せっかく荒尾つながりで知ったので、特に好きでもないけどキャンプの朝ごはんにでも、とメロンパン購入。

遊園地グリーンランド。

子供の頃は、遊園地が遠くて、年一回の遠足以外はあまり行った事無かったなぁ。

”旧”熊本県立荒尾高等学校。

他所の高校を覗きに来る、そこはかとない背徳感…。

ここがヒロシさんの青春時代の舞台か〜。

ヒロシさんはあまり好きじゃない著書みたいだけど、

「モテない人と仕事がない人の習慣・ダメ男38のエピソード」

学芸会のバンド結成の話とかすごく好き。

この時期に BUCK-TICKに出会ったり、それがあっての今のベーシストヒロシさんのバンド活動だものね。

Amazonでヒロシ, 小田原ドラゴンの「モテない人」と「仕事がない人」の習慣。アマゾンならポイント還元本が多数。ヒロシ, 小田原ドラゴン作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「モテない人」と「仕事がない人」の習慣もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

出身高校の名前変わっちゃうのは寂しいね。

ご当地食材を求めてショッピングモール「あらおシティモール」へ。

熊本ナンバーばっかり嬉しくなっちゃう〜(^^)

店内奥は大手系列スーパー、手前に地元個人店舗が入店している形で、断然手前の個人商店が魅力的でした。

九州の甘い醤油の種類も豊富。

どれがいいかわからないので、お店の人に地元のお母さん愛用の売れ筋を聞いて購入。

九州の料理醤油

ニビシ 料亭朱だし 1Lがめんつゆストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

見た事ない料理酒と思って調べたら、富士山の伏流水で仕込んだ関東の品でした。

箱に「サーモントラウト」と書いてあるけれど…謎の食品。

箱の通りサーモントラウトの味噌漬けなのか…。

きっと何かしらの味噌漬けなのでしょう。

九州のものが沢山あって、情報の多さにショートしちゃうパターン。

九州の麦味噌も購入。

山内本店 味みそ 1000gが味噌ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ご当地料理「だご汁」の作り方も教わります。

要はすいとん、みたいなモノなのかな。

団子粉をゆるめに溶いて、スプーンですくって落とすのが荒尾地方のスタイルなんだとか。

同じ熊本でも、熊本市内方面は幅広うどん的形状なのだとか。

味噌でも醤油でも、具も何でもいいらしいです。

などと、会計しつつ話していると、ふと眺めた先から目に飛び込んできたのが…

 !!!!!

こんな物陰から、ひっそりと私を見つめているではありませんか(思い込みよ…)。

ふと現れたヒロシさんの痕跡、嬉しくなっちゃう

♡. 。・゚:(´∩ω∩`):・・゚・。♡

お店の方に、

「ヒロシさん好きだから荒尾に来たんです(^^)」

って話したら、とても喜んでくれました。

お母さん同士はお友達なんだとか。

近ぁい…さすが故郷。

もっとゆっくり買い物したいけど、後ろ髪を引かれつつ次の目的地へ。

旅程も長いし、こんな時は生鮮食品が買えないのが残念です。

でも、結構たんまりご当地グルメをお土産に買いました。

荒尾の楽しい街歩き、もう少し続きます(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Karmen

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする