トリュフ名産地アルバで食い倒れ/DAY1 トリュフ三昧編【イタリア北部横断列車ひとり旅】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。Karmenです。

普段そこまで高級食材に興味は無いのですが、まだ食べたことが無い、この時期このピエモンテで有名なモノがありまして…。

‪.° ✧ ‬ ‪トリュフ  *  . ✧ ‬。

食べたこと無いので好きか嫌いかまだ分かりません。

しかし!

トリュフの産地と名高い街アルバがトリノ近郊にあると知り、これは初トリュフにもってこいではないの!と、鼻息荒くアルバへと行ってみたのでありました。

アルバ

トリノから電車と路線バスを乗り継ぎたどり着いたアルバ。

小さな街でした。

シンプルな外観のサンロレンツォ大聖堂。

夕方だったので入いりませんでしたが中は立派だったようです。

★★★★★ · 大聖堂 · Piazza Rossetti, 4A

アルバの街のメインストリート付近。

主な市街地は300m四方に収まるかもしれない小さな街。

おっと発見!

これがかの有名な最高級クラス白トリュフ。

希少なので、黒トリュフの10倍ほどの価値になるとか。

晩御飯は宿で教えて頂いた、地元の人気店へ。

入店時は最初、予約で満員と断られましたが、宿の主人の名前を言うと、話を聞いている、と、入店させて貰えました。

本当に人気店みたいです。

この時泊まった素敵なB&Bはこちら。

家族経営のB&B Casa Bonaは、アルバの歴史的中心部にあり、鉄道駅から徒歩10分です。無料駐車場や無料Wi-Fiを提供しています。...

宿の主人に感謝です。

(この時期ホントに写真残っていないんだよなー)

異郷の食堂 Osteria Dei Sognatori

Osteria Dei Sognatori(アルバ)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!Osteria Dei Sognatoriはアルバで20位(194件中)、4点の評価を受けています。

Osteria Dei Sognatoriと言うお店。

地元民でパンパンに満員です。

鼻から全部食べきれる自信がなかったので、全部ハーフポーションで、お任せメニューでオーダーしました。

いや、一部チョイスで全てお任せのお店だったかな。

それでは、生涯暫定1位の最高のコースを並べていきますよwww

前菜:フレッシュトマトのサラダ、チーズ、グリッシーニ

ワインは地物ピエモンテの赤ワイン。

前菜2!:トリュフかけ牛のタルタル(キタ!)、ローストビーフ、チーズとぶどう

トリュフさん初めまして!

この一皿全て美味しくて忘れられん!

特にぶどうとチーズが初トリュフに負けないくらいにすごくインパクトがあった。

ワイン名産地の地物のぶどうだし。

タルタルどアップでどーん!

タルタルはピエモンテ名物らしい。

生の牛肉のタタキ的な?

ほんのりレモンの香り?爽やかな味わいだった。

連続でトリュフ来た!

セコンド:黒トリュフのタヤリン

興奮しちゃうwww

ハアハア…

パスタは卵で練った生パスタで、この地方特有のタヤリンと言うもの(調べた)。

札幌ラーメンみたいな麺(個人の印象です)。

トリュフの印象はというと、

「なるほどこれがトリュフね」

です。

「香りがいいわwww」

です。

大丈夫な香りでした!

ズッキーニの花のフライだったかなー。

前菜3ぽいけど、この際順番は気にせず。

なんとセコンド2:黒トリュフのクリームニョッキ

セコンドで満腹の危機!

メイン:鳩だったかウズラかのロースト

ジビエは肉の味が濃い!

付け合わせはローストじゃがいも。

トドメのデザート:ティラミスとパンナコッタ葡萄添え

これでハーフのコースです。

イタリア人は全てこれの倍量を食べます。

が、流石にこのボリュームのコースはイタリア人もびっくりな様子で、最後のデザートがドカン!!と載ったプレートが出てきたとき、近くの席の方々は「マジか!」みたいな大爆笑していました。

最後に食後酒グラッパ?も頂いて、近所の席の方々とパチリ。

これ全てで幾らだったかな…。

30ユーロ代だったはず。

腕利きシェフが凝りすぎないで、素材の味を活かしてシンプルに調理した料理って感じ。

ワインも食後酒も含めてだし、安いくらいの金額だったと思います。

腹ごなしに夜のアルバの街を散歩。

今日はとても素敵な田舎の食堂に出会えました。

(どっかで聞いたことあるこの感じ)

久々に写真を見て、すっかり飯テロ自爆です。

ピエモンテ州アルバのワインあるのかぁ
↓アマゾンはなんでも買えるね。買お。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Karmen

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする