愛してやまないカフェ巡りの話【ロンドン・Monmouth Coffee】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サードウェーブとの出会いはロンドン

ボローマーケットのモンマスコーヒー

こんにちは!可能なら3食ともカフェで過ごしたいKarmenです。

ここ数年日本でもサードウェーブ系のコーヒーショップが続々オープンし、認知度も上がっているようですね。

筆者がサードウェーブ系コーヒーに出会ったのは紅茶の国イギリスのロンドン。2015年頃です。

まだサードウェーブという名前もそこまで浸透していないその頃でも、すでにロンドンではイタリア系のカフェはもともと多く、スタバみたいなコーヒーチェーン店もどんどん増え、もはや紅茶派よりコーヒー派が多いみたいな感じ。

その頃コーヒー通の間でよく話題になっていたのがMonmouth Coffee。

Borough market、コヴェントガーデンなどロンドン歩き中に行きやすいショップがあることから、サードやらロースタリーなど知る以前から何度となく通いました。

初めの頃は、行列の人気店に通う自分(笑)みたいなものが嬉しかったのですが、確かに物凄く美味しいコーヒーなので病みつきに。いつもカフェラテをオーダーしてました。

この辺がサード開眼前の認識で「ドリップなんて日本で普通に飲めるわい」と思っておりました。サードの雷に撃たれるまでここからしばらくかかります。

当時はまだシアトル系が幅を利かせていましたが、それらの深煎り豆の苦いコーヒーのカフェラテと違って、どうもmonmouth cofeeのラテは焦げ臭さの無い、甘さのあるコーヒー感が強く、まろやかな中に「酸味」が感じられました。フルーティな酸味。

それと、特徴的なのが、添えられた砂糖がブラウンシュガーで、後味が黒蜜の様な甘さ。これも複雑な味わいを添えていると感じます。これは最近はおしゃれなこだわり系カフェのデフォルトですね。これがある店は期待して良いです。

ロンドンだから水も日本と違って硬水でしょうし、ミルクもオーガニックで、この組み合わせの賜物なのでしょう。

カフェラテひとつでもう虜。ロンドンに来たらここのコーヒー(ラテだけど)を飲まずには帰れなくなりました。

今でこそサードウェーブなコーヒーショップが雨後の筍のごとくあちこちにオープンしておりますが、やはりここは老舗の風格というか、ここの味をひとつの基準とすると、他のショップの良し悪しが分かります。

いつも行列できてます

老舗コーヒーショップとして

行列がよくできてますが、並ぶ価値はありますよ!オープン直後が人が少ないように思います。

ラテ好きはもちろん、ストレートもシングルオリジンも様々なバリエーションがあり、ハリオのドリップV60もありますので是非混んでいてもチャレンジしてみて下さい。

↓モンマスコーヒーHP

We roast coffee from single farms, estates and cooperatives. When we taste a coffee that we like, we want to know where it comes from and who grows, picks and p...