シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプどころじゃなかった白鳥眺めて朝のコーヒータイム【冬キャンプ】【ソロキャンプ 】や

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぷち雪中キャンプの朝。

モノトーンの景色の中でコーヒータイム。

雪が途中激しく降った。

雪が降るだけで嬉しいのに、結晶で降る雪を見るのはさらに特別に嬉しい。

朝ごはんの支度をしようとしたら、白鳥が餌場に飛び立つ時間のようで、一斉に頭上を羽ばたいていった。

沢山の白鳥が頭上を飛びかう様は壮観で、何も手につかず、しばし時を忘れた。

100均セリアで買ったコーヒードリッパー。

これは便利だし、おしゃれで良い。

使い勝手も100円として充分過ぎるほど。

結局朝は、石油ストーブをつけて、コーヒーを淹れて、パンを炙っただけ。

キャンプどころではなかった。

でも、そんな景色を眺めてコーヒーをすするだけで大満足だった。

雪の野で石油ストーブ、たまらなかったな。

絶景だった。

帰る頃には雪も殆ど溶けてしまった。

冬の暗い晴れた空は最高。

また雪が降るうちに雪中キャンプに来たいな。

それにしても石油ストーブは良い。

寝る装備


スリーシーズン用と二重、ブランケットもかけてホッカイロも投入。

●今回も寝る格好もフル装備でモコモコ。

ウール100%の厚手セーター、ダウンジャケット、ヒートテック肌着、厚手靴下、裏起毛パンツ、レッグウォーマー、ネックウォーマー。

●湯たんぽ

100均のプラのナルゲンもどき

その他装備

●焚き火台…ピコグリル

下記の正規販売から購入がオススメ。

この商品に関してはAmazonはボッタクリ横行、パチモンも正規品と変わらぬ価格。

軽量でハイキングでの持ち運びもできる、スイスSTC社製の焚き火台です。 オートキャンプ用品としての焚き火台はいくつかの製品が市場にありましたが、ハイキング用途として持ち運んで活用するには重量面で厳しいものでした。またハイキング用途としては煙突型のウッドストーブが一般的でしたが、小さな枝葉をくべて火を起こすのでは湯をわか

最期まで読んでいただきありがとうございます。

Karmen

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする