行くぜパワスポ!聖地巡礼!セント・マイケルズ・マウント④海に消える巡礼路【イギリス・マラジオン】2017.7.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓前回島と城の散策の様子はこちら

イギリス南西部コーンウォール地方、セント・マイケルズ・マウント。 干潮時に現れる巡礼路を渡り、島に上陸。 そこには昔、修道院だっ...

満ち潮を待ちます

島の散策も終わり、本土に戻りました。

まだ引き潮の巡礼路を歩きます。

広大な干潟を散策します。

パノラマ撮影です。拡大したら雰囲気出るかな?

この頃は、美しい景色を写真に収めたいのに、壮大さが収まりきれず不満をかんじていました。

で、写真に撮ってもつまらない、と感じていた頃。

なのであまり写真を撮っていませんでした。

今になって、少し後悔しています。犬が一匹ポツン。人が沢山干潟の散歩を楽しんでいました。こんなに曇っていても海の色が綺麗なんですよ。

コーンウォールの海、晴天の下で見てみたい。

バスでマラジオンに戻り、満ち潮まで時間つぶし。

オープン二階建てバス、写真ありました。

観光バスはよく見るけど、公共のバスが二階オープンは初です。雨が降りそうで、空気が冷えてきました。二階オープン席は少し肌寒い。

そういえば雨の時は、このまま屋根なしで走行なのかな?

座席が濡れてたら、客が各自で拭いて座ったり、とかかな。

海外のそんなざっくりした感覚好きです。

こんなに綺麗だったんだな、って、ブログ書くまで忘れていた写真が沢山ありました。

散歩した干潟が消えてきました。

丁度道の水没寸前でした。

静かに静かに潮が満ちてきます。

結構余裕で?水の中を濡れて歩いて戻る人達。

程なく巡礼路が完全に水没しました

結構感動しました。

毎日の自然の営みなんですけど、そういうのが神秘的なんですね。

最初は島に渡って城を見ればここはクリア、みたいな気持ちでしたが、ちゃんとこの時を見に行って良かったです。

アザミ?グリーンで綺麗だった。

地元の人はベンチと風防持参でまったりするのですね。優雅。

マラジオン駅前の海岸。

駅近くのベンチから島ビュー。

駅に着いた途端小雨がぱらついてきました。

よくぞ天気がもってくれました。

ここぞの時に強い?晴れ女です。

名残惜しいけれど、プリマスに戻ります。

ここは泊まって滞在してもいい街だと思う。またラピュタみたいな景色を見て戻ります。

途中の車窓からの夕景。

やはり凄い扉の列車。

イギリス鉄道最高カッコいい。

あと、私にはイギリスのペンキの色艶萌え、っていうのもあります。プリマスの港のそばの公園に暗くなる前にに帰着して一安心。

遠くに来ると、あまり暗い場所は歩きたくないし、日が暮れると寂しくなる時もあるし。

黄昏時のこの公園は、穏やかを通り越して、少し寂寥感を感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Karmen