2019秋の女子ソロキャンプ道具紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。Karmenです。

今回は、色々な新しい道具が増えたので、これまでの道具とまとめて1本の動画にしてみました。

作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

お時間のある方は動画で私がモソモソ喋るのをご覧ください。

こちらブログでは主なニューアイテム紹介と、動画で喋り忘れた事や、気になった道具をそのままポチれるリンクなどなどです。

【浄水器】

台風の被害による断水が最悪なニュースから、行政の助けの他に、我が身を自分で守るため購入。

ほんとはセイシェルが欲しかったのですがお高いので。

ペットボトルに取り付け可能とのことでこれをセレクトしました。

【焚火台】

初めて買った焚火台はもちろんヒロシさんと同じ、おなじみピコグリルです。

アマゾンはアホらしいほど高価なので、公式からの購入がおススメです。

軽量でハイキングでの持ち運びもできる、スイスSTC社製の焚き火台です。2枚のプレートを組み合わせてフレームに固定する独自のデザインです。専用袋に入れるとA4サイズに収納でき、バックパックでの持ち運びも問題ありません。新たにPicogrillロゴマークの型抜き加工がプレートに施されるようになりました。

【マット】

フジロック時代からの銀マットから卒業しないとな…。

ありがとう銀マット。

ようやく道具の色の統一感がとれてきました。

【ガスストーブ】

卓上コンロからも卒業。

車とはいえ、やはりがさばるので、コンパクト化に。

別売りの点火レバーもセットで購入。

風防板は卓上コンロの時も使用していました。

でも、がさばるとはいえ、卓上コンロは、初めてでも手軽にソロキャンプ を始める事が出来る最強アイテムだと思います。

実際、一番最初に外に持ち出した道具です。

【ケトル】

Colemanのケトルの、赤いビニールを取りました。

もちろんヒロシさんの真似っこですが、変な赤色がちょっと邪魔だったので、ビニールを取ったらスッキリしました。

焚火のタールをまとっているので、家でガスに乗せると焚火の匂いがします。

萌えwww…

【グラス】

洒落たカフェなんぞでお冷やが出てくるコップ。

フランス製の量産型グラスで強度があり、バカラとかよりこの安価なグラスを通す光がとても好きです。

結局お酒はグラスで飲みたいのです。

グラスを通す焚火は最高です。

 ←案外割れにくいです。

 ←このタイプも好き。

【ハンモック】

お馴染みDD Frontline Hammock。

DD本体で設営は可能ではあるが、木を痛めずに、楽に設営できるツリーハガーとカラビナも用意すると、なお良いです。

これは購入して1番ハァハァしました。

【ランタン】

DIETZ(デイツ)のオイルランタン。

灯油は100均(セリア)で購入した、食用油用オイルポット。

テストで倒しても、灯油はこぼれませんでしたが、なるべく倒さないように気をつけて運びます。

【クッカー】

とりあえず、で購入した安価なクッカーですが、米もちゃんと美味しく炊けます。

袋は100均。

【スキレットとサンドイッチメーカー】

サンドイッチメーカーはコフラン。

スキレットはノンブランド品。

どちらも鉄製で重いけど、料理の仕上がりの差はテフロン等に比べて段違い。

100均の布巾着にしまって持ち運びしています。


【まな板】

イタリアの道端の露店で10€くらいで購入の、オリーブの木のまな板。


【ブランケット】

無印良品のウール100%のハーフケット100×160(廃番)。

ハーフなので、焚火の時に肩や膝に掛けたりも出来ますし、火の粉で穴も開きません。

【なた】

実家の作業場にあった物を借用。

バトニング用。

その辺のホムセンで買ったものかと。

【100均の小物】主にSERIA.

・スチールトングのサイズがちょうど良い。

・ウェットティッシュが迷彩柄で生活感が無くて良い。

・園芸用スコップも100円とは思えない。

・焼き網も気軽に買える。

アイラブ100均。

そしてこれは宝物。

以上、これらが今年の秋のおもなソロキャンプ装備です。

初めてキャンプ場に行ったのは、去年(2018年)10月中旬過ぎ。

台所から卓上カセットコンロと手鍋を持ち出し、お湯を沸かし、カップ麺を食べ、コーヒーを淹れただけのシンプルなデイキャンプでした。

行きたいと思ったら、とりあえずそんな軽装で良いのです。

(⬇︎以下をご参照ください)

ソロキャンプ始めちゃった…迷宮グルメから始まり、ヒロシちゃんねるでキャンプ動画を見始め、ソロキャンプにすっかり興味津々に。 フジロ...

変にこだわった道具を揃える前に、まずは外に出てみるのです。

私のキャンプの先生ヒロシさんが、そう言ったので、私はそうしました。

涼しくなってきたので、早く秋のキャンプを楽しみたいですよね。

ぼんやりしてると、気持ち良い気温の季節がすぐに過ぎていってしまいます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Karmen



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする